the cat's whiskers

とてもすてきなこと

日本語のはなし

このStayHome時間になんとなく見始めた中国語入門の番組、今のところ継続して見続けてる。

それを見ていてで思うのが、私はこれで他の人の国の人と喋れるようになりたい!っていうよりは、外国語を通して、日本語知るのが好きなんだなーってこと。

日本語、逆に海外の人が学ぼうとすると、すごい大変じゃない?

同じ言葉で、ひらがな、漢字、カタカナがあって、わざと文字削ったりすることもあって、それに意味がある。

例えば「本当」だと

「ほんとう」「ホントウ」「ほんと」とか。

私の感覚だと、漢字が一般的な意味で、ひらがなにすると柔らかく、カタカナになると無機質(他人事)っぽく、略す(口語的にする)と軽さがでるというか、親しみが出るというか。

こういうのって外国語でもあるのかなぁ。