読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the cat's whiskers

とてもすてきなこと

ハッピー・チョイス

「結婚する」とは?

図書館でたまたま手に取った本が面白かったのでメモ。

ハッピー・チョイス(中島たい子)

ハッピー・チョイス [ 中島たい子 ]

ハッピー・チョイス [ 中島たい子 ]
価格:453円(税込、送料込)

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
貴世は39歳、独身、小説家。体験のない「殺人」は書けても、体験のない「結婚」が書けずに悩んでいる。そんな貴世が、結婚小説のリサーチのため蕎麦打ち合コンに潜入。なんと急性蕎麦アレルギーを発症するものの、朦朧とする意識の中で、ある男性と出会い…。出会いをよせつけない磁場を抜け出して、遠かった「結婚」がついに現実に!?幸せを求めて、貴世が選んだ「私らしい結婚」の答えとは。

「結婚」するとは?本当は仕事をもっと頑張りたいけど、まわりがみんなしてるから、という理由で焦ってる女性にオススメな本かも。

ただ、主人公の相手のようにこれだけ理解してもらえる人に出会うのは実際はかなり難しいと思う。

なんにせよ、信頼できるパートナーがいるっていいなぁ。

登場人物の、既婚して生活が全然変わってしまった友人、未婚(結婚願望はあるが彼はいない)の友人とのやりとりにもとても共感。

 

下記も印象に残った文章。 

(本文より)
女の愛情が「独占欲」であるのに対して、男の愛情は「責任感」

 相手に愛情が出てきたときに加速しやすいのが女性、それまでは押せ押せでも、いざ結婚となると尻込みするのが男性というのが確かに印象あるかも。
(解説より)
結婚は、女性にとっては生まれ変わり、男性にとってはイベント
 これは髪を切るときの意識でも聞いたことあるような。
女性は環境的にそうなるのか、それとももともと生まれ変わり願望が高いのかな?
(私も常々、これで新しい自分になるんだ!!と奮起して、行動すること多いです(^^;))
広告を非表示にする