the cat's whiskers

とてもすてきなこと

お相手の家族問題

↓こちらの記事を読んで、百日紅さんのことを思い出しました。

love-spatula.hatenablog.com

コメントで書こうと思ったのですが、長くなってしまうし、個人的な想いが大きかったので、自分の記事で言及。

 

百日紅さん」とは、お互いの相性はものすごくよかったけれど、あちらのお母さまが新興宗教に傾倒しているという点を乗り越えられず、ダメになってしまった方です。

この時に私が思ったことをいくつか書き留めておこうと思います。

まずは私をどう思ってるかはっきり言葉にして欲しかった

百日紅さんはものすごく真面目で誠実な方で、それゆえにうまくいかなかったのかなと思うことがあります。

いざ結婚するとなった際にダメになって時間だけとってしまうのは申し訳ないとのことで、お母さまのことを私がよく知った上で、それでも大丈夫なら付き合いたいと思っていたらしく、その点が大丈夫かというのをすごく気にしていました。なので家の状況とか、どの程度の傾倒ぶりなのか等丁寧に教えてくれました。

が、私はそれよりもまず、私の事をどう思っているかをちゃんと言葉にして欲しかったと思っていました(乙女ですみません・・・)。なんとなく態度ではわかってましたが、「大丈夫か」と聞かれるより、「すごく好きで一緒にいたいから、大変かもしれないけど付き合って欲しい」と言われたかった。私が大丈夫かどうか以上の想いはないのかな?とちょっと寂しかったです。

伝えたら終了、じゃない!

この家族のことの告白、お相手に伝えることはすごく誠実なことですが、「伝えたら終わり」というのは違うなぁと思います。本人にとってはそれを伝えるのがすごく苦しいことで、大仕事だということはわかってます。でも、私はそれからのことが気になってしまいました。

それはどういう困ったことが想定されて、それに対してどう対応するつもりなのか、それがわからないとどうしていいかわからなかったです。

実際百日紅さんにもにそれを聞いてみたのですが、伝えることに重きを置きすぎてその後を考えてなかった、そこを考えずに婚活して申し訳なかったと言われました。これがきっかけでお別れになりました。

宗教関係であれば、例えば「勧誘は絶対させない」「その宗教関係の行事に巻き込まない」それが守れなかったら、母親と絶縁する等の覚悟を持ってくれているのかどうか、それがダメなら無理だと思います。

実際にできるかどうかは別なんです。もちろんする気もないのに言ってはダメですが、どうしてもその通りに行かないことはあると思います。それはこっち側が覚悟しなければいけないことで、まずは意思ははっきりさせて欲しかった。

とはいえ、百日紅さんは優柔不断なわけではなく、本当に優しかったんだとは思っています。少しでも何か起こるかもしれない可能性に私を付き合わせるということができなかったんだなと。そして私もそこを押し切るまでいけなかった。

婚活って、お金かけてじっくり相手を選ぶという意識がどこかにあります。婚活始めだと特に、そこまでしているのに困難かもしれない道をここで選ぶの?と思ってしまいます。

 

でも、考えなしにいって、そのまま何事も起こらないパターンもあるんだろうな。

本当に難しいです(>_<)。

f:id:mike_hw:20160112230141j:plain

(「GO!ヒロミGO!」1巻より)

 

ちなみに今でもだいぶ引きずってます。他の人に会っても、どうしても比べてしまう。こんなんで今後婚活うまくいくのかとても心配です…。