読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the cat's whiskers

とてもすてきなこと

口の端二ミリの元気

友人から面白いよと紹介された本。 

 

日常の些細な妄想というか、なんとなく意識飛ばしていたような時に考えたことを書いたようなエッセイで、バカバカしくもあり、似たようなことある!と共感したり(笑)。

気分が落ちている時の対処法

この中で、「ピクニックじゃない」という話がツボにハマリました。
どうしようもなく気分が落ちている時の対処法の話です。

そうなると、もうあの歌を歌うしかない。会社員時代、やってもやっても残業が終わらない時に、誰からともなく陰鬱に口ずさんだ歌だ。


丘を越えない 行かない 口笛吹かない
空は澄まない 青空じゃない 牧場をささない
歌わない ほがらじゃない
ともに手をとらない ランララララじゃない
ララララあひるさん(いない)
ララララララやぎさんも(いない)
ララ歌声あわせない 足並みそろえない
きょうは愉快じゃない

 これを「ピクニック」のメロディに合わせて小声で歌うんだそうです。

歌ったところでどうなるわけじゃない。(略)ただ、あたりに充満していたネガティブな空気に、ほんの少しだけ馬鹿馬鹿しさが加わって、口の端二ミリくらいで笑ってもいいような気に、ちょとだけなる。

 私は、「(いない)」のところで、あまりのバカバカしさに吹き出しました。
確かにちょっと元気でます(笑)。

 

大真面目にボケてるような感じの挿絵も素敵です。

息抜きにおススメの本です。

広告を非表示にする