読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the cat's whiskers

とてもすてきなこと

職種にもこだわってしまう・・・

昨日の続き。

断ったのにはもうひとつ気になることがあって…それは相手の職種。

営業職の人が苦手

相手の方の職種が営業職だったのがすごく気になってしまいました。

営業職の方、話し上手な人が多くて、こちらが話題提供しなくてもいいところは楽なのですが、私と性格が合わない・・・。
職業的に仕方ないと思うのですが、大げさにものを言ったり、思ってもいないことを言えちゃうイメージです(軽めの性格)。偏見かもしれないけれど、友人で営業職の人はたいていそうなので、間違いではない気がします。

私はそういうことができないタイプなので、理解がしづらいです。
真摯な営業マンさんもいそうですが、それはそれでストレス過多そうで心配・・・。

f:id:mike_hw:20151119183608p:plain

システムエンジニアが理想!

友人たちの雰囲気から考えるに、私には事務系かシステムエンジニアの人が合いそうだなぁという印象です。おとなしめで真面目な人がタイプが多いような。

忙しすぎて今まで結婚逃してたけど・・・なシステムエンジニアの人って結構いそう(希望的観測)。そんないい人に出会えたりしないものかしら(笑)。

嫌いな技術者タイプ

ただ、そんな技術者タイプにも苦手なタイプがいます。

「できない」と言わない人

仕事で社内SEにお願いごとをすることが多くあるのですが、総合的に考えて明らかにできないことを、あくまで技術者視点での回答しかしない人にイラっとする私です(-_-)。

技術的にはできますよ。」(イヤミっぽく)

できますよ、○○円(到底そんな予算なんてない額)ほどあれば。」(上から)

 それは、文系的には「できない」って言うですー!

「技術的には可能なんですが、○○が必要で、それには○○円かかっちゃうんですよね。」(残念そうに)

「それをするには○○と○○が必要で、この予算だと難しいですね。」(残念そうに)

 せめてそう言って欲しい。言い方でずいぶん印象が違います。

 

前に会っていた方は、考え方が文系(後者)寄りのSEさんでした。
しまった・・・また思い出してしまった(>_<)。