the cat's whiskers

とてもすてきなこと

引き寄せの魔法

食べ物等で部分的にはテンションを上げているものの、ここ1ヶ月ほどは基本ネガティブどん底

家のことや仕事のことで気が滅入ることがあり、またそんな中風邪をひいてしまい、もう疲れ果ててた…。その上、そんな状態の私に友人から結婚が決まった話やら、おめでたの話やら…。喜びたい話なのに喜べない自分に更に凹む。
昨日も起きたのに何もする気がおきなくて、ベッドに引きこもり…。
 
お昼過ぎ、予約してあった歯医者のために、ようやくなんとか家を出て、その帰り、ふらりと立ち寄った本屋で目に留まった本。

「引き寄せ」の法則

 
こういうのってちょっとスピチュアル系な部分があるかなと思って、今まで敬遠してたけど、それを越えるくらい弱っていたのと、エッセイ漫画好きなので、思わず手に取ってしまった…。

「いい気分」は「いい気分」を引き寄せる

日常の「よいこと」を意識することで、よい気が集まって来て、よいことがおこる。
よく聞くことだけれど、自分がネガティブ過ぎてなかなか難しいなって思ってた。
でも、同じくこのマンガには「幸せなことなんてない」「自分が持っていないものを持っている人への嫉妬でいっぱい」な人も出てきていて、そういう場合の心の持ち方なんかも書いてあり、ちょっと気分が軽くなったかな。

・ツイテいない日でも、何かしらちょっとよかったことはあったはず。
・まわりの人に起こる、自分にとって羨ましいような「よいこと」は、それは自分にもその縁がある(私が引き寄せている)ということ。縁がなければ、自分のまわりの人にも「よいこと」はおこらないはず。

そんな法則は嘘かもしれない。でもどのみち同じ時間を過ごさないといけないのであれば、少しでも楽な気分で過ごしたいな。プラス思考、プラス思考!

嫉妬心に思うこと

努力は大事だけど、努力しなくても手に入れられてる人っていうのは何気に結構いる。それはすっごく羨ましくて、ズルい、なんで私は苦労ばっかりって思ってしまうけれど、実は自分も気付いていないだけで、そういうのって持ってたりするのかもとふと冷静になって思った。私だったら、お金持ちではないけれど、普通に生活に困らず、のほほんとパラサイトシングルできる家庭環境。あと、どんなに食べても太らないという体質とか。

上を見ても下を見てもきりがない。ちゃんと自分自身を見て労わってあげなきゃなと思わされた本だったのでした。