読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the cat's whiskers

とてもすてきなこと

真面目人間には目から鱗

 前にやっていたドラマ「失恋ショコラティエ」、面白かったです。

www.fujitv.co.jp

この前原作読みました。
ドラマ当時も思っていたけれど、この話は真面目人間には目から鱗の恋愛論で、すっごく印象深かったです。

失恋ショコラティエ」薫子さんに共感しまくり

主人公の爽太くんに片想いをしている薫子さん。一途できっと尽くすタイプで、真面目。でも報われない。好きになった人は、計算上手な女性にあっさり取られてしまう

正しい方法でないことが報われるのが許せない。計算する女性にイラつく、その女子にひっかかる男性にはもっとイラつく。

…ものすごくわかります(^^;。

そんな薫子さんに、計算上手のサエコさんがするアドバイスが、目から鱗でした。

好きにさせて→好きになってくれたら→好きになる

好きでもない相手にも優しい(気を持たせるようなことをする)サエコさん。それは「いつか好きになるかもしれない」から。
でも、「好きになってもらうために何かしなきゃいけない相手なら好きになってもらわなくて結構!」と薫子さん。

そんな薫子さんに、「お菓子だって味だけでじゅうぶん美味しいのに、売れるために綺麗にデコレーションして、売れるようにしている」とサエコさん。

意識的にでも無意識的にでも、人の気を引く努力をしている人が好かれてるんだと思うんですよね。

そして、今好きじゃない(自分が気にいる行動をしてくれない)相手でも、そういう努力で「好きにさせて」、そして「好きになってくれたら」、そういう自分が気に入る行動もしてくれるようになって、結果こっちも「好きになる」という可能性もあるとのこと。

もう、これ読んだ反応も薫子さんと全く同じです! 

f:id:mike_hw:20151102132646j:plain

上から目線を反省

デートのお誘いに関して。自分から誘えない(誘いたくない)薫子さん。
「向うから言わないってことは別に行きたくないってことでしょ。」

でも、「誘われたら行くでしょ。」とサエコさん。

薫子さん:「男が誘えよ!って思ってるんですよ。そうしてくれない男なら、最初からいらんわ!って思うわけですよ。」

サエコさんとの会話で、こんな上から目線で、逆に世の中の男から「いらんわ!」って思われてると気付く。

▼たまたまこんなツイートもみかけて、確かに!と思いました・・・orz

男性も馬鹿ではない

計算している女性にひっかかる男性にイライラする薫子さん。

でも、男性側も計算されていることはわかっていると爽太くん。

そういう、気を引こうとしている姿が可愛い

あー、そういう考え方もあるんですね・・・。 

 気にし過ぎないでOK

自分が別に好きではない相手に気を持たせるような言い方をして、相手に自分が好きだと勘違いされたら嫌だという薫子さん。そんな薫子さんにサエコさんからのひとこと。 

f:id:mike_hw:20151102133457j:plain

この精神力欲しいです・・・。

前向き!!

そして、そんな努力は「好きになる」ために、「好きにさせる」ため。「好きになってくれなかったらもう用無しなので、現時点では「好きになれるか」は後回し!だそうです。

更に、

f:id:mike_hw:20151102133807j:plain

なんて前向き!ポジティブシンキング大事です。そのポジティブさが見た目にも表れて、素敵な女性に見えるんだろうなぁ・・・。

おススメは7、8巻

上で紹介した以外にも、うわぁぁ・・・と思うこといっぱいでした。 全9巻ですが、とりあえず7、8巻が一番こういう系の内容が詰まっているので、この2巻だけでも是非真面目こじらせ女子に読んでもらいたいです。

 

 

これ、もっと早くに読みたかったなぁと思いつつ、でも今この年(こじらせを自覚した後)だから理解できるんだろうなと思いました。もっと若かったら、やっぱり最初の薫子さんから抜け出せなかった(この漫画を許せなかった)と思います。

余談

ラストは私はドラマより漫画の方が好きでした。

やっぱりサエコさんのようには振舞えなかった薫子さん、でも自分をちょっと好きになれたんじゃないかなという感じがよかったです。関谷さんもドラマよりいい人みたいだし。(でも、薫子さんには絶対幸せになって欲しいです!!)