the cat's whiskers

とてもすてきなこと

手荒れの季節~「尿素」にご用心~

手荒れの季節をじわじわと感じてきてる。

そんな中、ハンドクリーム選びについて思い出したことがあったのでメモ。

 

尿素」がよいとは限らない

ハンドクリームって「尿素」という成分をよく聞く。なので、「尿素」ってよいものだとずっと思ってた。

が、尿素は「角質溶解作用」というものがあって、角質の硬い部分をやわらかくするものなので、敏感肌などのもとから角質が薄い人には不向きだと言う事を数年前に知った。

キズがある人は、沁みるので余計痒くなるみたい。

健康肌だけど、ちょっと乾燥して肌が硬めになってしまった場合(キズなし)にはよいけど、ガッサガサですりキズのようなものあり、ひび割れありには「尿素」は逆効果とのこと。

キズ有の手荒れに一番効いたのは…

私はだいたい冬には指の関節はひび割れ。「ぱっくり」って言ってもいいほどのひどいもの。そして、2年前には何故か手の甲がすごく荒れた。ガッサガサで紙やすりみたいな状態。しかもすりキズあり。

皮膚科の薬ももらってたけど、ステロイド塗りたくるのも怖いし、べたべたするしで日中はあまりつけれず。

一般のハンドクリームは悪化しているような気が…。そこでいろいろ調べて知ったのが、上の「尿素」の話。

ハンドクリームの「尿素」信仰はすごくて、いざ探してみると、尿素が入っていないものが少ないことにびっくり。

その中、口コミ等で気になったのが

ユースキンA

www.yuskin.co.jp

 

黄色のクリームのもの。

ユースキンサイトからサンプル請求(無料)もできたので、それで様子見(笑)。問題なさそうだったので、購入して利用。

 

その結果、キレイに治った!!

本当にびっくりするほどの荒れぶりだったけど、使ってしばらくすると、びっくりするほどキレイに治った。痒くて痛かったのがなくなり、本当に嬉しかったな(涙)。

ハンドクリームは自分の症状にあったものを!

たかがハンドクリーム、されどハンドクリーム、自分の症状によって成分はしっかりチェックするのがよいなぁと教訓。

ちなみに、ユースキンAは独特のにおいがして最初ちょっと気になるかもだけど、慣れたらクセになったり(笑)。