the cat's whiskers

とてもすてきなこと

ミニマリストさんにおススメしたい本

Twitterで漫画紹介をちらほらみかけ、読書好きの血が騒ぎました(笑)。
ちょっとズレるれど、ふと「ミニマリストさんにおススメしたい本」を紹介したいなぁと思って記事を書いてみました。

ミニマリストさんにおススメしたい」とは言いつつ、片づけ本とかでは全くないです。自己啓発本でもなく、普通に物語。でも、ミニマリストさんは好きなんじゃないかなーと思う本です。

私の中で、ミニマリストさんって「物を持っていない人」というよりは、「物を厳選する人」「シンプルに丁寧に生きる人」というイメージの方が強いです。

そんな方におススメしたいお話。

 みをつくし料理帖シリーズ(高田郁)

高田さんが描く女性は、「強く、優しくありたい」と思わせる主人公が多く、読んだ後は凛とした気持ちになれます。

女料理人の澪が様々な苦境にあいながらも、自分の芯を強く持ち、料理に真摯に向き合っていく姿に心打たれます。

食材選び、調理の丁寧さ、食べてくれる人を想って作る気持ち、そんな澪の料理がみんなを幸せにしてく様子が本当に愛しいです。

路地恋花麻生みこと

京都のとある路地に、ある「つくる人」しか入居できない長屋のお話。
製本屋さん、銀細工屋さん、蝋燭屋さんなど、「もの」への想い、愛情に溢れた漫画です。

↓こちらで試し読みできます♪

sokuyomi.jp

 

ミニマリストさんは好きなんじゃないかなーと私が勝手に思っているだけなので、もし違っても責任はとれません(笑)。

ミニマリストさんで読んだ方がいたら、感想お聞きしたいです(*^^*)。